おむつについて
モレを防ぐには

私が愛用しているのは、紙おむつです。
マニアの方のご意見をうかがうに、布おむつもイイ!と聞きますが、構造上完璧なモレ防止は不可能なことと、後始末が大変そうで手が出ません。

ブランドには特にこだわりはないです。
吸水量が多くウンチ漏れ防止のギャザーが付いていれば何でもオッケーです。

現在使用中の二品。(拾い画像より)

ちなみに私は新製品をゲットしたら、まず吸収量テストをします。
おむつを装着し、ペットボトルに入れたぬるま湯をウェストから流し込んで、どれぐらいまで漏れないかを測ります。一般的な目安としては、椅子に座った状態では400〜500ml、寝た状態では750〜1,000mlぐらいですね。

最近の製品はムレ防止に気を配ったり、手触りがシルキーなものが多く、かつてのように表面がビニールだったり、着けて歩くとシャカシャカ音がするようなのはありません。残念なことです(笑)。蒸れはおむつマニアの楽しみのひとつです。なので私は、装着した後でサランラップを巻いたりしてます。これ、テープの外れ止めにもなるのでおすすめです。脱ぐ時手間ですけど…。

さて、おむつに排便する時、気になるのは「漏れないか?」ということです。
ちょっとでも不安があると心から楽しめませんね。
「完全なる開放感」を求めた結果、こういう装着方法にたどり着きました。

フラット型紙おむつを併用。

漏れやすい箇所は脚の付け根、いわゆる「横モレ」です。
そこでフラット型紙おむつを、おむつカバーとの間に数枚挟みます
この状態で装着すると、おむつカバーの裾からフラット型紙おむつがはみ出した状態になります。
こうすれば最悪おむつから漏れてしまっても、ここで吸収され、脚を伝うことはなくなります。
さらに、フラット型紙おむつを太腿に巻き付けるために、ハードサポートストッキングを履きます。

装着イメージ。下手な絵ですみません。

ここまでやれば、飛んだり跳ねたりしない限り絶対に漏れません。
1日分のオシッコとウンチを含んでも大丈夫です。
「絶対に漏れない」安心感がある状態での排泄は、格別です(笑)。

より強固なガードをお望みなら、この上に合羽ズボンを履いてロングガードルで押さえつければ完璧です。

ところでおむつを装着する時、竿を上下どちらに向けるかは、大事なテーマです(笑)。

勢い良く放尿しても漏れないためには下向きが良さそうですが、言うことを聞いてくれないこともままあります(笑)。

そこでおすすめなのが、コンドームの併用です。

コンドームを装着すれば、竿がどちらへ向いているかに関係なく、オシッコは常にコンドームの根元からおむつへ放出されます。これなら、竿が上を向いていても、ウェスト周りから飛び出すことはないですね。また、竿の先端から根元へ回り込むまでに勢いが緩和されるので、おむつの吸収が追いつかないという事態も防げます。

この方法にはもう一つメリットがあります。竿を紙おむつに直接触れさせると、摩擦が大きくてコスるのに不便ですが、コンドームを介することによって適度な潤滑ができ、うつぶせでグリグリするのにちょうどいいです。

もっと潤滑性が欲しい場合には、おむつにローションを流し込むのもおすすめです。

フロー図。

業務用ローション 1リットル アルミパック入り

粘度が高めのやつ(おむつに吸収されにくいように)をおむつの中にドロッと流し込みます。前から後ろから(笑)。浣腸や排泄をしなくても、これだけでも超気持ちいいです。おむつの中がローションで満ち満ちてぬるぬるする感触は病みつきになりますよ。おむつはしてみたいけど、オシッコやウンチはどうも…という向きにもおすすめです。

※紙おむつについてのレビューはここが詳しいです

2009.6.14

Prev Next
HOME > おむつプレイのコーナー > おむつについて
inserted by FC2 system