ゴム引きナイロンマスク
市販品ではありえない、通気性ゼロの表地。

今回のはマニア専用、実用性ゼロです。

表地はレインコート(雨合羽)の袋をばらしたものです。
いわゆる裏ゴム引きのナイロンという防水布です。
私はレインコートフェチなので、手触りや匂いが大好きだったりします。
気に入った素材で作ったマスクが常に顔を覆い、それで拘束されたらどんなにいいか…
そう思って手慰みで作ってみました。

今回のお題。 こんな感じのレインコートです。(拾い画像)

サイズは22×15cm。懲りずにまた大きくしてしまいました。
構造的には前回までと大して変わりません。
ワイヤーはノーズだけにしました。

細部のアップです。縫い目が下手くそなのは見なかったということで。

今回変わっているところは、耳ひもにレインコート袋のひもをそのまま使ったことです。
単なる手抜きですが、適度に柔らかく丈夫だったので、見た目を気にしなければ悪くない素材です。
留め金もそのまま流用してます。これ意外と便利。

留め金のアップ
裏です。綿ジャージ使用。ひもの掛け方をちょっと変えてみました。

着用感は…これまでの平面マスクと同様、フィット性に限界がありますね。
大きくて息苦しいマスクが好きな私としては、改善の余地ありまくり。
平面マスクはいったん打ち止め。
何か作りたいものが思いついたら再開しますが、次回は立体マスクに挑戦しようと思います。

このマスクは素材が特殊(笑)でちょっと大きいとはいえ、形はまあ普通なので、
外歩きは無理としても、車の中でなら、こっそり着けてみたいです。

2009.1.11

Prev Next (プリーツマスク編へ)
HOME > 自作マスクの部屋 > ゴム引きナイロンマスク
inserted by FC2 system