赤エナメル プリーツマスク
略して赤プリ。

先日、いつもの手芸屋さんへ行きました。ふちどりテープとか耳ひも用のゴムなどの常備品を補充するためです。ついでに生地の棚を物色していたら、赤エナメル(PVC)の生地を発見。あーら珍しい、こんなところに女王様コスチュームの素材が。おほほほほ。

見た瞬間「これでプリーツマスク作ったらインパクトあるだろうなー」と思い、即買い。
メーター1600円。さすがに高いです。

もう1軒はしごしたら、今度はチェック柄のふちどりテープを見つけました。
へぇ、こんなのあるんだ。赤エナメルと組み合わせたら面白そう。

女王様。 チェック柄のふちどりテープ。

そんなわけで今回は、これらを使って、ちょっと派手なプリーツマスクを作ってみました。
こういう、ドラッグストアではお目にかかれないような柄ものマスクはよくネットで売ってますけど、街中でしてる人を見たことないですね。みなさんはありますか?

赤とチェックで連想するものといえばコルベットのエンブレム。
できあがりの色調はこんな感じ?

今回は見た目のインパクト頼りで、機構的に凝ったところはありません。
パッドもなし、ワイヤーも上端のみ。
作り方は今までのプリーツマスクと同じなのでさくっと略。

裏地はいつもの綿ジャージです。何でもよかったので手持ちの生地から適当にチョイス。これは表地と縫い合わせたところ。

コーティングされた素材なので扱いにくいかなと思いましたが、ミシンの滑りもよく、意外に楽でした。唯一の欠点は、針穴の周囲のコーティングが剥がれてしまうこと。

縫い目のアップ。縦に走る縫い目を中心に、赤いコーティングが剥離しているのがお分かりでしょうか。ここはふちどりテープで隠します。

今回のただひとつの改良点は耳ひもの付け方。ふちどりテープを縫い付けてからその"トンネル"の中へゴムを入れるようにしたことです。このほうがミシンで縫う時、耳ひもが動かないので楽です。

耳ひもは後から付けます。

というわけで完成。

完成図。表地が朱色のように見えますが、実際は真っ赤(コカコーラの自動販売機のような色)です。赤い物の写真って色再現性が難しいですね。
裏面。コルベットのエンブレムというよりは元禄模様ですね(笑)。
プリーツを広げるとこんな感じに。チェック模様の代わりにボアでも付ければクリスマス風味(笑)。
表面のアップ。
裏面のアップ。柄ものだと裁縫の下手が目立たなくていいです。

ちなみに装着するとこんな感じです。

うーん。オバQの口みたい…。
今度はオールレッドで作ってみようと思います。

手作りマスクの販売サイトなどを見ると、変わった色とか柄とかが多くて「もうちょっとノーマルなやつが欲しいんだけどな」って思うことがよくありました。しかし実際に自分で作ってみると、そればかりでは飽きてしまい、たまには変わったやつを作ってみたくなるもんですね。

今後この路線を邁進するわけではありませんが、時々強烈なヤツが登場するかもしれません(笑)。


おまけ

前回作ったマルチリンク・マルチワイヤーマスクはプレイ用として大活躍中。拘束感を強めようとギュウギュウ縛ってしまったのが裏目に出て、フックが破れてしまいました。今回はこれも修理。

無惨なその姿。

2009.7.6

Prev Next
HOME > 自作マスクの部屋 > 赤エナメル プリーツマスク
inserted by FC2 system