使い捨てプリーツマスク
ミシンなしで簡単に作れる

このコーナーでは、理想の着用感を求めて様々なマスクを試作してきました。足かけ5年、所期の目的はほぼ達成できたと思います。しかし、それはあくまでも「私の」理想に基づいたものです。人の好みはそれぞれでしょうから、それぞれが理想とするマスクを、もっと簡単に手にできる方法はないものかと考えています。

そこで今回、その一助として、裁縫道具を使わず簡単に作れるプリーツマスクをご紹介します。
数年前のマスク品不足の時にご紹介できれば良かったですね(^^;)

材料一式

まずは材料から。

  • クッキングペーパー
  • 粘着テープ
  • マスク用ゴム紐
  • テクノロート (ポリ製の"針金")

クッキングペーパーは天ぷら油を濾したり、レンジの下に敷いたりするものです。ロール状になっていて、ところどころミシン目が入っています。1区画は約21cm四方。これを2区画分つながった状態で使います。

粘着テープは手持ちのレインコート補修用シートを使いました。本気で「使い捨て」を考えるなら、よりコストの安い紙テープがおすすめです。セロテープだと表面が光って「図工」っぽくなりますので、つや消しタイプが見た目に良さそうです。

テクノロートはノーズワイヤーに使います。手芸店で売ってます。入手が面倒な場合は軟らかい針金でも代用できます。

では作り方を。

プリーツを折りますよ。

クッキングペーパーのミシン目がつながったところを下辺にします。プリーツは上から下へ「垂れる」向きに折ると見た目がいいです。折り目の位置は目分量ではなく、定規を使ってきちんと測るほうが絶対きれいに仕上がります。

寸法図。単位はcmです。

折り目を付けたらアイロンでくせを付けるか、重しを乗せて2,3日放置しておくといいです(^^;)

ノーズワイヤーを封入しますよ。

ミシン目のほうを下辺にしたので、上辺は2枚重ねの状態になります。
これを挟み込むようにして、中にテクノロートを封入します。

上辺はこんな感じになります。

両サイドにゴム紐を付け、テープで固定します。プリーツがばらけることはもうありません。

というわけで完成ですよ。

出来上がり。
ゴム紐固定部のアップ。ピンク色の染みは揮発性のチャコペンです(^^;)
MaskManiaque謹製 使い捨てプリーツマスク (制作時間:40分)

どんなもんでしょう? 手軽な割にはそれらしいのが出来ましたよ(・∀・)
材質はチャチですが、好みの大きさのを作れるのがいいですね。

着用イメージ

ご覧のような大型マスクです。市販品ではありえない、喉まで届くビッグサイズですよ。

ディテールをもう少々。
裏はこんな感じです。

いかがでしょうか。人前で着けてもあまり違和感がないですね。
単純な工作なので、慣れれば慣れるほど上達するのが面白いところです(^^)

2013.7.16

Prev Next (立体マスク編へ)
HOME > 自作マスクの部屋 > 使い捨てプリーツマスク
inserted by FC2 system