ネックウォーマー一体型マスク
包まれ感を追い求めたら、とうとうこんな形に。意外な発見も…

今回のは室内専用です。
外出は考えず(笑)、あくまでも着用感にのみこだわりました。

ネックウォーマー一体型マスク

前回試作した立体型マスクで、鼻から頬にかけてのフィット感はほぼ満足がいくものが出来上がりました。ただ、あごをすっぽり包む感触を高めるについては、もっと工夫の余地があるように思われました。「しっかり包まれている」感触を得るには、下端をもっと延ばして首まで覆えばよいのでは?と思うに至りました。

また、私はマスクフェチになったきっかけがこんな事だったので、マスクのみならず、頭部をすっぽり覆うフードもあれば完璧です。

着用派にとって、フードは着用感を高めるアイテムです(笑)。

綿入りタイプのフード一体型マスクというのは私の理想ですが、自作するにはまだ腕前が追いつきません。しかし別パーツにすればなんとかなるかな?と思います。今回はその第1弾としてまず、マスク部分を作ってみることにしました。

制作手順は前回と同じく型紙取りから。
今回は超立体マスクをベースにしました。顔の左右を別の平面として、対称に作ります。
超立体マスクを超拡大してマスク部分とし、それをあごの下へと延長し、さらに首を巻く部分を足します。マスクの下端はひもではなく、この「ネックウォーマー」で後ろへ引っ張る訳ですね。
切り抜いたら、顔の中央で接合する部分をホチキスで留めます。
これを装着し、鼻筋に沿ってだぶついている部分をホチキスでパチパチ留めて短絡していきます。皮膚を一緒に留めないように注意(笑)。これをやることにより、顔の形に沿ったラインが得られます。
完成予想図。

できあがった型紙。結果的に茨城県(笑)みたいな形になりました。顔のラインに沿った微妙な凹凸がわかるでしょうか?

型紙ができたらいざ制作へ。
今回は途中の写真を撮る余裕が出てきました。

まずは型紙に合わせて布を切り、表地と合わせてしつけ縫い。素材は芯地が綿ジャージ、表地がサテン。重ねる枚数ぶんだけ同じ形(しかもこんな曲線で)を切り抜かないといけないのが面倒。しつけ縫いの際はずれないように洗濯バサミで固定。
左右を貼り合わせるので、表地は左右対称で1枚ずつ作る必要があります。同じ形で2枚作ると1枚捨てることに。(一度やりました)
しつけ縫い完了(左)。そしたらミシンでふちを縫って抜糸(右)。真ん中だけは生地が寄らないよう、しつけ糸を残してあります。見た目は靴下のようですがひと回り大きいです。
ふち縫いが終わったら、ほつれ止めのために全周に綿テープを巻きます。これもまずしつけ縫いから。かなりめんどくさい。

で、最後に左右を合体させます。
写真がなくてすみませんが、裏面から縫ってひっくり返します。こうすれば表面にふちが出なくてすみますね。

できあがり。後ろから見たところです。首の部分はマジックテープ留め。装着時に興奮してギュウギュウしめつけても壊れないように、鬼のように縫い付けてあります。

ここまでの写真でおわかりかもしれませんが、型紙取りの時、顔の輪郭に細かく合わせた割には、出来上がりは結構アバウトな寸法になりました。鼻や唇の凸凹まで意識した形にしたんですがね。布という素材自体が寸法的には結構いいかげんというか。日曜大工やプラモデルなどに比べると、布ってこんなに精度をキープできないものかと愕然とします(笑)。男で裁縫が苦手という人(私もそうですが)のなん割かは、これが我慢ならないんじゃないでしょうか。

装着してみたところ、「あごまで包まれる」感触は完璧です!
それどころか、意外な発見がありました。

ご紹介したとおり素材は表がサテン。通気性がありません。これを着けると、内側でこもった息がそのまま首まで回り、実に暖かいのです。熱源のいらない自己完結型暖房というか。これを書いているのは1月ですが、しばらく着けていると「暖房止めてもいいんじゃね?」と思えるぐらい体がぽかぽかしてきます。夏に「涼しく感じるには首回りを冷やすとよい」と云われますが、その逆バージョンですね。冬にバイク乗る人にいいかもしんない。Webショップでバイク用の防寒グッズなどをあたると、似たような形のネックウォーマーはあるようですが、素材や構造に注目してこういう機能を持たせたものは未だないようです。特許は無理としても実用新案ぐらい取れるんじゃないか、なーんて思ってしまいました。これを読んだ方、ぜひ取得して製品化してください(笑)。

ところでこのマスク、拘束感を求めた結果、生地を厚くしすぎて、とうとう耳ひもを縫い付けることができませんでした(笑)。首方向にかかる強いテンションに負けないためには、それなりに太いひもにする必要があるのでなおさらですね。妻に見せたら(!)「あー手縫いじゃないとダメだね」と言われてしまいました。手縫いはちょっと…

耳ひもがないと、鼻からのテンション(上の矢印)が足りず、鼻の辺りがぶかぶかに。

ようは鼻の突端を後ろか上へ引っ張れればよいのですが。

考えたあげく、ウルトラCで解決することにしました。
(別ページ(その他グッズ)へ続く)

2009.1.11

Prev Next
HOME > 自作マスクの部屋 > ネックウォーマー一体型マスク
inserted by FC2 system