ミシンについて

初心者の私がこういうテーマで一席ぶつのはどうかと思いますが、
「拘束感の高いマスクを作るには最低限どんなミシンが必要か」なんていうテーマはどこのサイトにもないと思いますので、ここに書いてみようと思います。

いまどき足踏み式ミシンを買おうという人はおそらくいないと思いますが、まず電動であることは必須です。音は静かです。せいぜい扇風機レベル。

全頭マスク
機能はほとんどいりません。
直線縫いができるだけのベーシックな機種で十分です。
(趣味が高じて全頭マスクなどの制作に及ぶと、ボタンホールを縫う機能なども欲しくなるかもしれませんが…)

むしろ大事なのはどれぐらいの厚さまで重ね縫いができるかでしょう。
あと、マジックテープやサテン、エナメルなど「針が通りにくそうな」素材を縫うには、それなりの馬力が要ると思います。

縫える厚さはここの寸法と馬力で決まります。

ちなみに作業場所はテーブル・座卓どちらでもOKです。
写真の機種の場合、スタート/ストップスイッチは手元にあるので、昔の機種のようなペダルはありません。

私は妻のを借りているのでマスク用に買ったわけではありませんが、楽天で検索してみたところ、新品は1万円台からありますね。ミシンなど、家電製品の中では成熟市場というか普及率は頭打ちだと思われるので、中古も豊富にあるでしょう。リサイクルセンターやヤフオクなど。

ちなみに中古品を品定めする際は、取説や付属品に欠品がないかが唯一にして最大のポイントかと思います。特に初心者にとっては操作もおぼつかない状態で買うわけですから取説は必須です。また付属品については、なにげにメーカー独自、機種独自の専用品が多いようなので、欠品があるといざ買ったはいいものの、後入手も難しくて頓挫なんてことになりかねません。

ミシン市場にはまったく疎い私ですが、ひょっとすると、リスクのある中古品をつかむよりはいっそ新品をうんと割り引いてもらったほうがトクなのでは、と思います。めざましい技術革新もなく普及しまくっている白もの家電や自転車やタイヤのように、定価などあってないような市場なんじゃないでしょうか。(間違いがあったらご指摘ください)

あと、新品を買うメリットとして考えられるのは、教室の存在です。
使い方や洋裁の基礎を身近に訊ける人がいればよいのですが、そうでない場合は勇気を出して教室の門を叩いてみるのはどうでしょうか?どこでやってるかは販売店に訊けば教えてくれると思います。

たぶん男性の参加者は少ないと思いますが、だからこそ楽しくもあるでしょう(笑)。
「こういう事をマスターしたい」「こういうスキルは要らない」など目的意識をはっきり伝えて参加するなら大歓迎でしょう。あなたが若くて母性本能を誘うタイプであればなおさらです(笑)。

入校目的は正直に告げてもいいですが(笑)恥ずかしい場合は、例えば「自分はアマチュアのデザイナーで、今度、布素材のアート作品を作りたいと思う。しかし洋裁の知識がまったくないので、こういう事だけ覚えたい」なんて感じで。嬉々として教えてくれるでしょう。ルックスが少々アレでも「美術系だ」と言い切れば「オタクっぽい…コスプレ?」なんて勘ぐられる事も少ないのではないでしょうか。いざ「作品できた?」って訊かれたら「出来たので海外に送った。入選すれば発表されるかも」って言っちゃえばいいんです(笑)。

私の使用機種。アイシン精機ってこんなのも作ってるんですね。

すみません。話が飛びました。
ようは自作マスクの楽しみをなるべくたくさんの人に知ってほしいと願うばかりです。

2009.1.12

Next
HOME > 自作マスクの部屋 > ミシンについて
inserted by FC2 system