マスクよもやま話
思いつくまま気の向くままままよとますくのはなし

2009.2.22 わがマスク敗れたり

こちらで作ったゴムマスクを、通勤の時に愛用してます。
この時期(2月)、超寒いこちらの地方では花粉はまだ飛んでおりませんが、風邪の季節ということもあり、 電車の中は誰かしら怪しい咳をしてる人がいるんですね。

このマスク、耐菌性は不明ながら、呼吸抵抗としてはかなりのものなんです。
ゆるく着ければまあ息はできますが、ノーズワイヤ−(左右いっぱいに入ってます)をフィットさせるとかるく酸欠になるぐらい(笑)。

で、その日も帰りの電車で着けて、ひそかに堪能してたわけです。

ある途中駅に着き、なん人か乗ってきました。
やがて背後から異様な臭いが。今まで嗅いだことのない変な臭いが強烈に漂ってきます。
どうも口臭っぽいのですが、何食ったらそういう臭いになるのか想像できないほどでした。
隣の女の子もあからさまに不快感を示し、うなだれています。
さりげなく後ろに目をやると、小柄なオヤジが1人。どうもそいつらしい。

本人も気づいたのか、グリーンガムを噛み始めたのですが、
もともとの臭いとガムの臭いとの相乗効果で、さらに凄いことに。

すかさずノーズワイヤーを押さえつけ、酸欠モードに入りましたよ(笑)。
それでも鼻腔への侵入は止められず。
耐えきれなくて次の駅で隣の車両に移動しました。
そこそこ混んだ車両でしたが、振り返るとモーゼの十戒のように、オヤジの周囲だけぽっかりと空間ができてました。

降りる駅に着いて、改札へと向かう際、その車両の側を通ったら、
開いたドアから例の臭いが排出されて頭がクラクラ。

わがゴムマスクをも負かしてしまうほどの強烈な口臭にはほんと参りました。
その日は吐き気が収まらず、夕飯が食えませんでした。

今思い出してもムカムカしてきます…
どうやら生ニンニク+αの臭いだったような。単純なニンニクの臭いではありませんでした。
あれに勝てるのはガスマスクしかない、と本気で思いました。

ちなみにガスマスクも持っておりますが、さすがに通勤では着けれません(笑)
イスラエル軍イスラエルの市民用の本物ですよ。
ガスでは試したことないですけど、カレーを煮てる鍋の上で試したら匂いを感じませんでした。
ちゃんと効いてるようです。

P.S.
どうやらあれはスペシャルなキムチの臭いだったのでは…という気がしてます。
キムチわるい…

Prev Next
HOME > マスクよもやま話 > わがマスク敗れたり
inserted by FC2 system