マスクよもやま話
思いつくまま気の向くままままよとますくのはなし

2010.1.30 今そこにある自作マスク

今日は材料調達のためいつもの手芸店へ。

買うものは決まっているのでまずはその売り場へ直行するのですが、私も裁縫に関してはまだまだ初心者、「何か便利なツールはないか」「何かマスクに使えそうな小物はないか」というリサーチを欠かしません。店内を一巡します。

そこで目に留まったのが手芸キットのコーナー。
ぬいぐるみとか雑巾とか、いろんな手芸品のキットがあるんですね。型紙から材料、小物パーツ、作る手順を書いた小冊子までパッケージされた商品です。

そのコーナーにいつの間にやらマスク自作キットがやたら増えてました。
店内での写真撮影ははばかられたのでお見せできないのが残念ですが、何種類もありました。
プレーンなガーゼマスク型のもあれば、ちょい立体型のもあったり。

ちょい立体型のは、完成するとこんな形になるようです。

キットの発売元とは無関係のイメージ画像です。

ちなみにキットの値段は760円でした。ヤフオクでは同じようなマスクの完成品がもう少し安く出品されていますので、送料と自作の手間を天秤にかけると、コストパフォーマンス的には微妙なところですね。

またこのコーナーにはキットだけでなく「マスクの作り方」を20種類ぐらい図解した簡単な本も置いてありました(500円)。まあ20種類とはいっても構造的には「ガーゼマスク型」と「ちょい立体型」、それに簡易型のプリーツマスクに集約され、あとは生地のバリエーションでした。

さらには「ご自由にお取りください」スタイルでこんなペラ紙の束も吊るしてありました。
業者持ち込みの販促グッズなんでしょうね。

クリックすると拡大します。
ちなみに左下のマスクの型紙、実寸は下辺が8.6cmです。ご参考まで。

いずれもコアな着用派マスクフェチにはやや物足りない内容ではありましたが、こうやってマスク自作のすそ野が広がってくれれば、マスクフェチにとっても嬉しい限りです。

Prev  Next
HOME > マスクよもやま話 > 今そこにある自作マスク
inserted by FC2 system